So-net無料ブログ作成
毬(選手紹介) ブログトップ
前の5件 | -

支える選手 [毬(選手紹介)]

はい♪人気のない毬ネタです☆ww

んでも今日は目立たない若者をピックアップ♪

MATSUMOTO_Taishi.jpg
画像はお借りしています。
毎度すみません;;JFAさん。

松本泰志くん(20)180/69
サンフレッチェ広島所属
MF全般

アレだよねー。。JFAの公式写真って、、
免許センターのアレに似てるよねーwwwww

ホンマはもう少しかわいい男の子です♪

彼の選手としての特徴は、、

「「「なんもない」」」

です。

んがしかし今回もU23のスタミナマンとして
U-22代表に呼ばれて、大量得点に隠れて、
ひっそり無失点に貢献しています。

今も広島ではずっとスタメンで、外せないメンバー。
はい^^
なぜでしょう?

わかりやすく言えば、、

「いっぱい走るから」

彼には、特化した才能が、今のところ無いです。

鋭いパスも弾丸シュートも、鉄壁のディフェンスも、
空中戦の強さも、誰よりも早い足の速さも、、

なんも無いです。(悪口じゃないよ?^^@)

ただひとつぶっちぎりの特徴が、、

走行距離(トラッキングデータ)です。
同世代の選手との走行距離の差は歴然です。
(効果的な走りが出来ているかは別としてw)

また、他国より比較的走行距離の長い
Jリーグにおいて、ベテラン選手相手にも
このデータだけではぶっちぎりです。

試合展開やチーム戦術にもよりますが、
大体1試合平均11km程度が普通の選手の走行距離。

松本選手は、1試合平均13.5㎞走ります(o'∀')b
(J開幕3節-5節トラッキングデータ参照)

前線の運動量が特色の
現U-23のFW前田選手でさえ12km前後。

かつてワールドカップに出場した先輩選手たちの中でも、
このデータに匹敵する選手はいません。
しかも彼は、このデータを連戦で出せます。

もうなんならプチ駅伝選手です。

ほんとに、、それだけなんですけどねwww

デュエル(1対1の場面の勝率)も成績は悪い。
ってか、デュエルに持ち込ませません。

彼の特色は、その走力とスタミナで、
何処にでも顔を出す。その割に何もアクションはしない。

相手がドリブル突破を仕掛けてきても、
ただひたすら、前に立ち続けます。

ぶっちぎられる事がない代わりに、
完全に止めることもないww

その間に味方は守備陣形を立て直します。
まだ始まったばかりとはいえ、
サンフレッチェ広島の国内の失点は僅かに1失点。
現在リーグ首位争いの3位。

防御率ナンバー1の国内チームです。

おそらく彼は、若くして、陰の屋台骨。

一回、A代表で見てみたい欲求にかられますw

全く攻めないし鉄壁でもないけど、
何処にでもいて、何時でも走っている。
味方が疲れた時はパスコースに居てくれる。
相手の攻撃陣に纏(マト)わりついて攻撃を鈍らせる。
相手のカウンターに対して少しだけ時間を稼ぐ。

データにはあまり現れないが、確実に相手を消耗させる。

そういう泥臭い仕事をこなす選手が

いまこそ代表に必要な気がする、、、、。

技術や読み、試合勘、スピード感や駆け引き、は、、
後からでも学べます。
彼はまだ20歳。(厳密にはいわゆる「狭間世代」)

今のうちに育てておくのも良い気がします。

@120
nice!(123)  コメント(7) 
共通テーマ:スポーツ

日本代表選手紹介「小川航基」 [毬(選手紹介)]

こんにゃ♪
しばらく続けてきた代表選手候補紹介♪
とりま、これでおしまい^^。
また、気が向いたら、他の選手をご紹介します♪
うんうん
♪自己満足度高い♪wwww妄想は楽しいなぁw
あはははあはははあははは──ヽ(〃∀〃)ノ──!!

今回した選手のご紹介は、
主に、U-23東京五輪選手の候補、
または、それに近い年齢の選手。
少なくともカタールW杯時で30歳未満で注目してみました。
(堂安、中島、南野、遠藤航、富安、三浦、室屋を除くww)

残念ながら、山中、守田英正、鎌田大地なんかは、
いわゆる狭間世代^^;
ギリ出れない年齢世代です;;

それでも、今日ご紹介する選手は、
いずれにしても、将来的に軸になって貰わんと困る若者♪
この人です♪♪

ogawa_koki.jpg
※画像はお借りしています。

小川航基(21)186cm78kg ジュビロ磐田所属。
FW。右利き。

彼は言ってみれば、まだ幼虫の「大迫勇也」。
少しだけ芽が出てき始めた「2代目半端ない君」候補です。

現状、大迫に最もタイプの近い若者と言えます。
俊敏性(振り向き)に関しては大迫より早いかもしれません。
そう言われると、顔の雰囲気も似ている気がしてきます♪w

んがまだまだ彼は成長過程♪
海外移籍だけが成長の術ではありませんが、
ポスト能力は伸ばしてほしいところです。
なぜか?
おそらく、、彼がギンギンの時代には、
すぐ側のポジションに覚醒した久保建英がいるからです。

将来の日本代表において(今もですがw)
FW問題はかならず壁になります。

この小川航基が「タワータイプ」
久保建英が「スピードタイプ」
この2枚が順調に完成さえすれば、

そもそもサイドアタッカーが育ちやすい日本人は、
比較的チーム編成が楽になります♪。。。

こちらの表は、ざっくりと東京五輪予想ですが、

          小川(岩崎)

伊藤達(遠藤渓)  久保(三好)    堂安
       
      平川(中山)   板倉

杉岡(初瀬)             橋岡(初瀬)

     中山雄太(大南)  富安 

     
         山口るいるい♪

ふむ、趣味が興じすぎたな、、くくくくく( ;´∀`)

フォーメーションは仮想4-2-3-1
ぬぅボランチの弱さが目立つなぁ……。

若者ー^^ボランチの位置チャンスだぞーw

@121

にゃあー^^
nice!(115)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ

日本代表選手紹介「中山雄太」 [毬(選手紹介)]

ほぼエアコンも使ってないのに
冬場の電気代が異常に高い。
なぜじゃあ。。。暮らせないぞーごるぁー!!

ささ、日本代表選手紹介(若手メイン)も、
残りわずか^^。
ちなみに一応、毎日生記事だよ^^。
考えてみれば、まとめて原稿仕上げればよかった(笑)

今日は守りの要。富安の相方をご紹介♪
この方♪

nakayama_yuta.jpg
画像はお借りしています。

中山雄太(21)181cm76kg オランダ・PECズヴォレ所属。
センターバック。
ディフェンシブミッドフィールダー(DMF)ボランチ、
左利き。

柏ユース育ちの彼は、出身高校が柏南高校に一般受験で進学♪
拍南にいながらにして、柏ユースって道を選択した選手。
どうでもいい話だけれど、柏南高校は猫毬ン家から近い(笑)
柏ユースではU-18の最高冠。高円宮杯を獲っています。

昨年までの3年程を柏レイソルの主軸として活躍。
若いのにご立派^^。
2019シーズンからは、オランダ1部リーグ、
エールディヴィジのPECズヴォレでプレー予定。

ズヴォレはオランダリーグでは、
堂安所属のフローニンゲンと同等程度の中堅クラブ。
まずはポジション獲得目指してふぁいおーです^-^。

ここのところの日本人若手の移籍は、
いわゆる欧州ビッグリーグへ直接移籍せず。
ベルギー、オランダ、ポルトガルなどのリーグを経て、
欧州に順応させつつの移籍がトレンドですね。
海外生活への順応も含めてワンクッション入れるのは、
日本人には適しているかもしれませんね。

んまぁ、、、、移籍事情の背景には、
イングランドなどの就労条件の締め付けや、
ビッグリーグへのジャパンマネーの影響が
薄まった事もあるのかも。
しかし、、アラブ系の王族による複数クラブ買収。
その影響で、強引な移籍も今後増えることを考えると、

堂安のシティ入りの噂や、
久保建英のバルサ戻りが実現も根拠がないとはいえないかも…

1~2年後に若手の道が開けていることを願います。

ああ、久保がまた怪我したって?ww
開幕やぞーwペース考えやーwんまぁ勉強勉強♪
彼にはどーせ何言ってもきかないだろう(笑)良き良き。

それではまた^^@

@121

いつもご訪問感謝です♪
nice!(124)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

日本代表選手紹介「板倉滉」…もりぽイラストのオマケ付き(笑) [毬(選手紹介)]

あれでしょ?

最近 イラストもないし、 サッカー選手の紹介ばかりで、

…つまらんなぁ、、

そう思ってますね?www

しょうがないよぅwそもそもそゆーブログですw

しゃあない、、少しだけ、また下手画を晒そう。。。

もりぽ.jpg
お、。、なんかうまくいったwwww
…気がするww


よし、満足♪w
あとは、いつも通り選手ご紹介♪

今日はこちら♪

itakura_kou.jpg
※画像はお借りしています。

板倉滉(22)186cm75kg FCフローニンゲン所属(レンタル)
ディフェンシブミッドフィルダー(DMF)ボランチ。
センターバック。右利き。東京五輪世代。

ここまでの紹介は攻撃的な選手が多かったですが、
この選手は、富安と並び、東京五輪世代の守備の要の
守備的ボランチ。

近い将来、中盤のディフェンスをフォローします。
また。センターバックもこなせるプレーヤー。
前に紹介した、橋岡、杉岡、などもそうですが、
富安が前に釣り出されたときに、
センターバックとしてのお仕事もこなせます。

今年、アジアカップ期間中に、
ビッグクラブ。マンチェスターシティへ電撃移籍!
んがしかし、彼はイングランドでの就労許可が下りないため、
オランダーのFCフローニンゲンで、今期からプレーします。

ポジション争いからの厳しい環境ですが、
とりあえず、春過ぎまでは「堂安律」がチームメイト♪

そもそも、この移籍は堂安律が
マンチェスターシティへ移籍するための布石と見られています。
フローニンゲンへの人的補償を先行して行ったみたい^^;

んでも彼にとっては願ってもないチャンス。
この契約は、両球団、両選手にとって、今のところ最良です。

ぜひともスタメンを勝ち取ってほしいですね♪

この長身の守備的ボランチが開眼すると、、
いよいよ、日本代表はおじいさん達を排出しはじめるだろう。。。

んが、、それはそれとして、、
「まだやってやるぜオーラの香川くん」w
どこまでやってくれるやらww
彼自身にとっては、次のワールドカップは微妙だけど、
若手に見せる背中があれば、
香川の代表招集は実りがありそうですね♪

@121
nice!(120)  コメント(13) 
共通テーマ:スポーツ

横浜からの風が吹くかな?^^マリノスからの選手紹介と、スポーツニュースを少し^^; [毬(選手紹介)]

さぁ☆今日は☆
ただの2月14日♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
wwww

いつもどーりだーw
んじゃ軽くスポニューから^^@

「大阪なおみのコーチ解任」
大坂なおみのスタッフが契約終了らしいが。、。
ぬーんwそんなんニュースになるんかぁ…^^;
いまやテニスもチームスポーツ。
スタッフの出来如何で戦績に左右する。
テニスやフィギュアスケートやゴルフは、
スポーツとしては個人戦。
当然、チームの編成権は選手にあるし、
契約金も選手が払う。
マネジメント会社がある場合、
スポンサー契約等は任せられるが、
競技によっては、航空チケットの手配から、
使用するギヤの手入れまで、自分でやる人間は多い。
フィギュアスケートの紀平梨花、、
知ってのとおり、彼女は現在のところ、
フィギュア界で、直近、最も実績のある世界一の選手。
彼女の、、演技コーチが変更したからって、
ニュースになりますかね……?ww
個人コーチの契約解除は
欧米では、そんな険悪なことではないし(重大ではある)、
良くも悪くもドラスティックに行われます。
みんな大坂選手に過敏になり過ぎーwな気がします。
あ、、ちなみに、コーチを変更して
ゴロっと負け続ける選手は星の数ほどいますww不安ですねぇw
んでも、負けるだけで、弱くなったんとちゃうのでw
あんま気にしない事ね^^;

もひとつ
「大迫勇也のコンディションに所属クラブ怒り」
大迫勇也(半端ない)選手の、
所属クラブ、ブレーメンが怒っちゃった( *'w')bテヘ♪
そらまー当然だwアジアカップで無理させ過ぎw
JFAはブレーメンと何らかの和解をせねばならないところだ。
一部メディアで、
「大迫のコパアメリカ(6月)出場に黄色信号」
とか、言っていますが、、
猫毬ブログでも何回も言っているとおり、、、
「FIFA規約。
大陸間選手権における代表招集権は、
1年に1回までとする。」
つまり、アジアカップに招集された選手は、
コパアメリカには強引には招集できません。
(クラブ・選手(マネジメント会社)・協会)合意の元なら、
招集できます♪
んまぁそもそも。。
大迫は、コパアメリカに呼ぶべきではないでしょうw
ワールドカップからアジアカップ。
いつ休むんだwww休息も戦士のお仕事^^
猫毬的にコパアメリカは新選手を試す良い機会だと思います♪

以上、猫毬スポーツニュースでした♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて、本題^^
今日のご紹介は横浜Fマリノスの、この二人♪

miyoshi_kojiとendo_keita.jpg
画像はお借りして一部加工してあります。

三好康児(21)167cm61kg 横浜マリノス所属(レンタル移籍中)
攻撃、ゲームメイカー。司令塔タイプ。左利き。

遠藤渓太(21)175cm66kg 横浜マリノス所属
アタッカー、ウイングアタッカー、主に左サイド。右利き。

横浜Fマリノスのお二人^^。

昨季まで札幌にレンタル移籍していた三好選手が
マリノスでプレーします。
生粋の横浜人、遠藤渓太とは、ユース代表での主軸。
彼のインスタでは、遠藤渓太との仲良しが掲載されていますw
うーーんwチャラいwでも嫌いじゃないw

同期には、富安、堂安といった逸材のいるユース世代。
東京オリンピックで、
堂安、富安、三好、遠藤渓太、伊藤達哉、
杉岡、中山、板倉、
他も諸々^^飛び級も加えて、、
全て揃えるなら、相当の戦力になる世代です♪

三好選手は、アジア競技大会(ジャカルタ)では、
背番号10番。この世代のキャプテンマークです♪

一方、遠藤渓太も主力。マリノスでは既に定位置確保しています。

また、今期の横浜Fマリノスは、この二人の他にも、
一つ下の世代に、山田康太。も一つ下の世代に、椿直起、。と。
若手へのシフトを今オフ、ぐいぐい進めました。
さらに中村俊輔の後継者、
天野選手(今シーズンからマリノスの10番♪)。
昨年のアジアカップで左サイドバックから、
豪快なミドルシュートを決めた、山中選手。

もしかすると昨期、降格争いをしていた横浜Fマリノスが、
上位争いなんてこともあり得ます。
、、これで中堅以上の成績じゃないなら監督がだめだ(笑)タブンw

横浜からの良い風を期待したいですね♪

@121


ごめんなさい。山中選手はすでに浦和レッズへ移籍していました。
横浜青印の赤戦士。ふぁいおーです^^
nice!(119)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - 毬(選手紹介) ブログトップ