So-net無料ブログ作成

キリンチャレンジカップ2019 トリニダード・トバゴ戦レビュー [毬]

スティールドラム.jpg

キリンチャレンジカップ2019 トリニダード・トバゴ戦レビュー


意義の解らない一戦ではあっても、

振り返らねばなるまい…ぬほほほーん。

まず結果から。

0-0 スコアレスドロー

日本代表は3-4-2-1を試行。
巧くいったとは言い難い結果となりました。

このシステムの基本的な運用は……
ききます?wあまり興味なさげな人も多そうだし…w

ここに来て下さる人で、興味のある人は
既に知っていそうだしww

んー、んじゃ、、、簡単に。

3-4-2-1は、、

ワントップのFWの下にインサイドハーフ(ISH)を2枚。
今までの中島や堂安はワイドハーフでしたが、

このシステムでは大迫の近くでゴールに直結する
プレーを行う役割。

よって、いつもより大迫のポストは控えめでした。

中盤のボール支配は、ISH2枚+MF4枚で、
合計6人で数的有利を作ります。

ディフェンス時は5-4-1となり、

両サイドのウィングバック(WG)は下がるか、
第一ディフェンスラインの4枚に加わります。

本来サイドバック(SB)のお仕事に慣れている、
長友と酒井には不慣れなポジションでした。

また、ディフェンス時は中島も堂安も同様に、
第一ディフェンスラインの4枚に加わります。

こうして、FW1枚のカウンター要員を残しての、
べったり守備によって、相手の攻撃を受け止め、
隙があればカウンターに繋げます。

現在のJリーグの数チームは変則的なものも含めれば、
このシステムの採用は多いです。
綺麗に出来ているのは、、札幌かなぁ…。。。

さて、今日の試合、
このシステムを意識しすぎたのか、、

選手の動きが、、重い重いww
全員アンクルウェイトでも装着しているのかと思った(笑)

まともに楽しめたのは、
後半終了間際の、原口と王子の投入後からでしょう。
良かったぞ!元気!王子!♡♬♪

また、伊東は右サイドで投入されましたが、、
終始中でのプレー。コレは後ろの室屋と富安に、
前線に攻撃参加しろって意思だった気がします。
来なかったけどねw


スタメンには終始、攻めっ気が感じられず。

結果的に「寝落ち」で問題ない試合となりました。

んー評価2点(笑)

守田は、このシステムじゃ、とりま生きない。
中島は、最近ペナ外からのシュート多すぎない?w
堂安は、どした?元気まだないか?
大迫は変わらない。良くなってもいないw
Sダニエルは、、もうこれで正GKってことでよくない?w
昌子も良きでしょう。
畠中も、もいっかい呼んでみてほしい。。
彼って長いボール蹴れるんでしょ?噂で聞いた(笑)
柴崎は、、悪くは無いけど、また無茶パス何回かしたね?w
長友は、、もう山中とか杉岡でよくない?w
あと、スタンドに吉田いたけどw招集されてないよねww
堂安があの出来なら伊東と変わりない。
なので伊東はまた呼んで良し。
ただし。。そのポジションは若いこで元気なのが
いっぱいいますw
小林は、、やっぱり蹴るボールは面白いがww
なんちゅうか、、あれです。
曲芸みたいでw実戦ではどうだろう?w
富安酒井は、このシステムでは息があってなかった。

以上かな^^。

次戦のエルサルバドル戦は、

6/9(日)大安。19時キックオフ。

です。

今回出なかった、、

追加招集の、ロンドンオリンピック時の弾丸FW永井w
そんで、香川と南野。
原口、室屋、山中、槙野。橋本拳人。
そのあたりでしょう。

正直、こっちの方が寝落ちし無さそうだw

     永井

   香川  南野

山中 小林  橋本 室屋

  槙野 昌子 富安  

     権田

こうか?w原口はどうやら、スーパーサブだなw
伊東は使いたいが、枠が無いなぁ…。

でも、ほらw点取れそうw

ねw

さ、寝るか。歯医者でいじめられて歯痛ぇし。。

@119
nice!(126)  コメント(11) 
共通テーマ:スポーツ