So-net無料ブログ作成

アジアサッカーの区分けとドロジアイ [毬]

アジアカップがUAEで開催中です。
昨年の夏にはアジア大会が
インドネシアで開催されました。

ふみゅ?アジアってざっくりどこだろう?
って思ったことありませんかw

白のパンダ.jpg
ぺんたぶw

何についての区分けかでも違ってきますが、
サッカーではざっくりこう区分けしています。

東アジア
中国、韓国、北朝鮮、日本、台湾、モンゴル。

東南アジア
フィリピン、インドネシア、シンガポール、
マレーシア、タイ、ベトナム、カンボジア、
ラオス、ミャンマー、ブルネイ、東ティモール。

南アジア
インド、スリランカ、パキスタン、
バングラディシュ、ネパール、ブータン、
モルディブ、アフガニスタン。

中央アジア
ウズベキスタン、カザフスタン、
タジキスタン、トルクメニスタン、
キルギス

西アジア
サウジアラビア、イラン、イラク、UAE、カタール、
オマーン、バーレーン、クウェート、
イスラエル、シリア、レバノン、
ヨルダン、パレスチナ。

※ざっくりです。トルコとキプロスは、
いらんイザコザを避けるためヨーロッパ区分です。

西アジアは「中東」と呼ばれたり、
「湾岸地区」「中近東」と呼ばれたりします。

南アジアと中央アジアの境目は曖昧です。

イランはあえて西アジアに区分してあります。
区分け的には南アジアになります^^


さてさてアジアンサッカーは、その区分で、
発達が違います。サッカーの種類が違うんですねぇ^^
(アジア広いからw)

東アジアはテクニック主流。
日本や韓国など、俊敏性を生かしたサッカー。

南アジアは、、ごめwサッカーが発達してないです^^;

東南アジアは、
東アジアの影響を受け、現在、進化中です♪
体格も東アジア人に近いため、スタイルも近く、
日本などより、俊敏性より技術力重視のようです。
(セパタクローとかあるしねw)

中央アジア、、
アジア圏では体格に優れている割に、
パワープレイ主体ではなく、
プレスカウンター型が多いです。
前線からプレッシャーをかけてボールを奪ったら
前線へ蹴りだすとともに、中盤以降が全員前へ進出します。
しかし、プレスで陣形が崩れる上に、スタミナを削られ、
カウンターのスピードが早すぎて、
後衛がディフェンスラインを中途半端にあげるので、
守備時に裏がとられやすく、守備陣にファウルが嵩みます。

西アジア(中東)
プレスカウンター主体ですが、
中央アジアのソレとは違い、
ドン引きが多いです。おそらく中東の気候から、
無駄なスタミナを消費しないためのサッカーが発展したですw


中東や中央アジアの国は、サッカーの開明期に
地理的にヨーロッパの国々との対戦が多く。
どうやったら勝てるのか?と考えた挙句。
この戦法を選んだって背景もあります。

プレスカウンターやドン引きカウンターは、
技術力、俊敏性、これらの差異を
限りなく〝0〟に近づけます。

ボールを取ったら  ドーーーーン♪
運が良ければ点が入る。
楽だし覚えやすいし、たまに点が入りますww

相手が攻めあぐねて、まごまごしてれば時間は過ぎます。
中東国からしてみれば強豪相手に引き分けでも儲けもの^^、。
大抵の国は中東をなめてくれるし、
けっこうカウンターも入ります^^;

シンプルで辛辣な作戦ですねぇ^^それだけに効果的♪w


コレに対抗するにはどうすれば良いのか、、

1、相手に付き合って同じことをする。
(現に中東同士の対戦ではそうなりますw)

2、相手にしない。
(それ相応の実力が必要です。)

今回、日本は初戦トルクメニスタン戦で、2を選択。
そしてピンチを招きましたw
実力不足ってことです。

んがしかし、1に付き合うと、いわゆる
「「ドロジアイ」」w

どろ仕合.jpg

どっちに転ぶかわかりませんし、
そもそも森保はそんなメンバーを招集していないw

なので、2を選択しつつ、実力差を埋めるべく、
走り続けるしかない。

日本代表が走り回らねばならない理由がここにあります。

極簡略化していってしまえば、
そんなん関係なく自分たちのサッカーすれば勝てる。
…と言える程まで強くはないのです。
ビェ──・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!

はてさて今後の試合をどうするか…^^


アジアカップ次戦
グループリーグ最終戦、
vsウズベキスタン
 17日(木) ko17:30(日本時間22:30)


**1位抜けと2位抜けの違い。。

勝てばグループF1位通過。
………ですが、、ドロー表を見てみると、、
1位抜けだと、対戦相手は、
強豪カタールかサウジアラビアが濃厚。

しかしながら、不調のオーストラリアが2位になっちゃう
可能性が出てきましたのでw

そうなると、2位抜けだと、
オーストラリアとの対戦もありえる。

しかし2位で抜けた場合、移動距離が少ないww
準々決勝までの3試合を同じ会場で戦えます。
ちなみに、その会場はアルアインのホームスタジアム。
今回追加招集で呼ばれた「塩谷」選手の所属クラブです♪

なので、3戦目は主力を休ませるためにも、
控えメンバーで戦うって選択もあります。

いずれにせよ、残り試合はFIFAランキングを考えても、
負けるわけにもいきませんが、
うまく手抜きしないとw一番上には行けないかも^^;

日本代表が何を選択するか見ものですねぇ♪

@121
nice!(126)  コメント(14) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 126

コメント 14

ゆうのすけ

最近全く見かけないけれど アメリカで活躍した後
PUFFYってどうなっちゃったんだろ?解散したのかな?生きてるのかな?(爆)
by ゆうのすけ (2019-01-15 00:40) 

猫毬

生きてますよwたまに現れては活動してますねw
さくらももこさんの最後の作詞曲がpuffyさん^^
by 猫毬 (2019-01-15 00:50) 

ぽちの輔

白のパンダと白熊の違いを見てみたい^^;
by ぽちの輔 (2019-01-15 05:54) 

猫毬

うみゅ^_^
でも、なーんとなく白パンダにみえません?
(笑)(笑)
by 猫毬 (2019-01-15 05:55) 

ChatBleu

アジアとかの区分って、サッカー独自なのかしら。
それとも全スポーツ共通なのかなぁ。
以前から気にはなってたんですよー。
by ChatBleu (2019-01-15 06:37) 

cheese999

う~ん(^_0)ノ
by cheese999 (2019-01-15 06:47) 

marimo

白のパンダをどれでも全部並べ~て♪
ピュアなハートが夜空で弾け飛びそうに輝いている~♪
って・・・もうリフレインが止まらないですってば~(笑
by marimo (2019-01-15 09:38) 

Boss365

おはようございます。
「ざっくりこう区分け」すごーく分かりやすい。頷くばかり!!最近の中東勢、デフェンス・左右に振られる攻撃に弱いのは変わっていませんが、攻撃の独特なステップ・テクニック・直進性?に危険な香りを感じます。確実に進化してる!?(=^・ェ・^=)小生的には、オーストラリアと対戦の方が良いかも?
by Boss365 (2019-01-15 10:18) 

kiki

白パンダの目の周り角度が良いような(笑)
by kiki (2019-01-15 10:43) 

すーさん

オーストラリア(元マリノスDFいるし)と当たってみたいかも^^;。
(※今回メンバー外れてるかも?あんま見ない…)
by すーさん (2019-01-15 13:20) 

kuwachan

どこも油断ならない相手ですよね^ ^
by kuwachan (2019-01-15 18:04) 

猫毬

うみゅ♪不規則生活絶好調アル(笑)
おはよー^^

ChatBleuさん♪
んにゃ、アジア区分は、あるんですが、
たとえば、経済区域でも、
経済水域か貿易区分かで変わってくるみたいです。
スポーツでも、自治区を認めたり、他の要素もてんこ盛り。
サッカー以外は、また違います。
中国は大きですしね、国内で別れたりもします。
んまぁそもそも中華人民共和国。いくつかの国が
共和制でくっついてできた国、アメリカと同じあるねw
あとは全ジャンル共通で宗教情勢には気を使うみたいです。
聖地紛争てやつね^^
サッカーも紛争が激しい地区だとFIFAが参加を認めません。
にゃ^^@

cheese999さん♪
にゅーーんw
ああ、白パンダがおきにめさない!
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいw

marimoさん♪
パンダは白だぁー^^wなはははは
尻尾が白なのよねw
陽水さんってすごいなぁw

Bossさん♪
おお、ご納得いただき感謝♪感謝♪です。
プレスカウンターばかりやってれば、
自ずと進化しますし、なにせ欧州であぶれた監督がw
味方に付いてますからw
オーストラリアはそうね、いつかは直接叩かないとね^^

kikiさん♪
良く気付いてくれました。
白クマとパンダの違いは、ソコなのです^^
パンダを黒塗りにしても熊にはならないのですにゃ^^
パンダの特徴は、フォルムにもあったんですねぇ^^w
あ、大熊猫のほうね?w
あ、あとwowowおめめ^^ww
寝不足の日が続いちゃいますよ?w

すーさん♪
オージー代表で J… 
ポステコ監督さん?www
うそうそ^^デゲネク選手ですねwもちろんいますw
現在はツルヴェナ・ズヴェズダ所属^^
ツルヴェナ・ズヴェズダは、先日までのCLグループ予選で
死のグループCだったのでw敗退しちゃいましたけど、
リヴァプールに勝つミラクルを起こしてました^^
もともとクロアチア出身のセルビア人でコソボ難民で
オージーに行ったんですねぇ^^(調べました^^
今ではオージーの壁です^^。25歳ですもの♪
ここまでの2試合きっちり出てますよ^^w
浦和の大けがからの復活選手ナバウトもいますよ^^

kuwachanさん♪
うにゅ。猫毬的には波乱続き。
バーレーンは今回かなり結果が悪い;;
タイはもう少し頑張るかなと思ってた。
予想外ですが、そう!どこも油断ならないです。
んでも最終的には「イラン代表」。
ここです。大ボスはw
by 猫毬 (2019-01-15 19:06) 

ゆきち

ボスポラス海峡を挟んで西がヨーロッパ、東がアジアと習いましたね^^;
確かに南アジアってサッカーに限らずあまりスポーツのイメージがない。インドは人口が多いのに不思議な感じです。
2番選択でどろどろにならないよう頑張ってほしいです(*^▽^*)

by ゆきち (2019-01-15 21:04) 

猫毬

ボス…ってどこでしたけwイスタンブルのソレか!
そそwなのでトルコはEU加盟とかあったけど、
アジア圏でも違和感はないw
アフリカもエジプトまでアジア側にいれちゃったら、、
サッカーのアジア予選は激戦区だなぁw
日本代表は、2番選択の場合、
主力を温存を徹底するのが前提でしょう。
控えで勝てるならソレはソレで良し。
控えで勝ったなら、
決勝トーナメント初戦は元気なメンバーでいけます。
まぁなんだ、、
どの道どこにも負けるつもりは無いでしょうしね^^;
猫毬的には40人呼べるなら、、、
イラン、オーストラリア以外には引き分けでいいので、
U-23で戦ってほしいwww妄想ですがww


by 猫毬 (2019-01-15 21:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。