So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

日本代表 アジアカップ首位通過♪おめでと(*^ω^*) [毬]

日本代表 首位通過♪おめでと(*^ω^*)

アジアカップ2019UAE
グループリーグ第3戦
vsウズベキスタン代表

日本代表 2-1 ウズベキスタン代表

グループリーグ3連勝で
決勝トーナメントへ首位通過です♪

( ´∀`ノノ☆パチパチパチパチ

予想通り、控え組で挑み、先制されながらも
逆転勝ち。おみごとです♪

相手の先制点は、
控えのフォーメーションの最も弱いポイント。
(スピードの出せない部分)。
そこのスペースを空けてしまった段階で勝負ありでした。
誰もシャツを引っ張らないなら失点はヤムナシです(´・_・`)

同点弾はようやく、、ようやくだよ武藤君ww

だから君じゃないほうの武藤ね?w.jpg

期待通りヘディングシュートを決めてくれてありがと(*^ω^*)
きっと、お空の橋本も喜んでるよ♪(イヤダカラ…その武藤じゃねぇw)

武藤君いい子なんだよなぁw
ニューカッスルでもっと結果だしてほしい( ゚∀゚;

逆転ゴールは、猫毬がひそかに期待していた
現地クラブ所属の「塩谷」がやってくれましたw
スタジアム近所にお住まいのご家族も観戦していて、
カメラに抜かれていましたねw嬉しそうで、、
幸せのおすそ分けあいがとです^^
塩谷は、ゴール以外のプレーも終始、献身的でした。

ウズベキスタンは昨夏に就任した古狸クーペル監督w
歳とったなぁ…wんでも相変わらず、
大きいサイドチェンジで揺さぶっての攻撃は見ごたえがありました。

んがしかし、
ウズベキスタンも日本代表と同じ考えだったはず。
1位抜けか2位抜けか、、、、
主力温存で挑み、手の内を晒さないって事に徹してました。

ピッチの3/4を使うクォータープレスサッカーは、
スタミナ的に、やはり90分は続かない。。。
同点の場面で一度引くべきだったかもしれない。
しかし、そこはそこ、2位抜けでもメリットのある試合。
控え組にはスタンスを変えないサッカーを指示してました。
まぁさすがの古狸ですw。。

日本代表は順調にいけば、準決勝でイランと対戦するでしょう。
んがその前に^^;

目の前の試合^^

次戦、21日(月)日本時間20:00頃キックオフ♪
相手は、カタールかサウジアラビアです^^@

この先日本代表はたぶん、、決勝まで
中東のチームとの対戦になります。

カウンター警戒ですよー^^。

さて評価点♪30点^^(参考記録)
今回の試合は、相手も様子見の試合。
評価は参考記録扱いです^^

んでも、自分たちのウィーク部分が解っているのに、
その部分での失点はいただけない。
それと、、、
・相変わらずの、パスの「ずれ」がきになります。
・ハーフボールに対してのチャレンジ意識が低い。
怪我しない程度に競り合わないと、中盤は支配されっぱなしです。
・縦に挟み込むプレスがド下手。
せっかく前衛が戻ってきて「ツツいて」ボールをはじき出しているのに、
それを味方が保持できなければ、プレスの意味がない。
現代サッカーでは縦で2枚で挟み込むプレスは常識ですよー^^;
・決定機にテンパりすぎ。
シュートは成功率50%以上で撃ちましょう。
また、押し込むだけの場面は落ち着けばスローに感じます
(そう聞いたよwプロ選手にw)チャンスこそ落ち着いて^^@
・メンバーの変更によってスタイルは多少変化しましたが、
まだ攻撃オプションが少ない。
・ピッチ上で指示を出せる(出す)選手が誰もいない。
こんくらいか、、、あんまりいじめてもなぁ( ゚∀゚;

さぁこの試合の頑張った選手♪
今回は^^ほぼみんな頑張ってました♪

特に、北川、伊東の走行は得点にはなりませんでしたが、
相手のディフェンダーを簡単に攻撃参加させない。
というお仕事を、きちんとできていました。

武藤は、、もすこしボールを追っても良かったかもです。

乾は…どうしたwそんな選手じゃないだろうに
…ブランクか?wマークが2枚以上ついていたにせよ、
ボールキープ出来なさすぎ。W杯とは別人だったでよ?

塩谷、青山、佐々木、はw広島のユニフォームに見えましたw
あと3歳ほど若ければなぁww
安定感アリ良くも悪くもw

室谷は、意図がよくわからなかったです^^;
攻めるのか守るのか、はっきりしよう。
タイプ的には、攻める事で相手の攻撃を相殺するタイプ。
そう思ってたんだけれど…、、。

三浦、槙野、、頑張ってたけれど、やはり
、、物足りないです。ピンチも多かったし、声も出てない。

ダニエル君。
贔屓目かもしれないが、この大会、
もうずっと、この子でいいんじゃない?
どうやら足元の技術にも定評があるようだし。。

身長190センチ台はやはり魅力。
相手がゴール近くに放り込んでこないですもの、、。
セットプレーが苦手な日本代表にはうってつけな気もします。
GKはさらに若手にもルイ君とかもいますので、、
将来的にはダニエル君を軸に若手を二人。そう考えて良きかもね♪

ふぅ、ようやく少し落ち着ける♪

そしてそのぶん、テニスの情報が薄い猫毬w
サッカー派じゃない人ーw誰か情報教えてくれーw


試合終了時間の関係でup遅、ゴメソ^^;

@121
nice!(36)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

アジアカップ2019UAE vsウズベキスタン代表 [毬]

アジアカップ2019UAE

グループ予選3戦目。
すでに2位以内での決勝トーナメント進出は決定してます。
なので、日程的には、決勝トーナメント初戦は21日(月)。

この試合は首位抜けするかどうかの試合。

勝っても負けても試合間隔は同じです^^。

オーストラリアが予想通りのグループリーグ2位通過なので、
ウズベクに負けて、2位抜けすると次はオージーとです、、、
思うに、オージーもコンディションを決勝に向けている。
尻上がりのオージーと対戦は骨が折れるなぁ…

1位抜けだとカタールかサウジ。
こちらの場合、移動がきついうえに、おそらく、、
準決勝でイランとぶつかる。

なので、勝ったら勝ったで良きだけど。
控えで勝ちたいな^^
なので、こちらが猫毬希望♪

アジアカップ2019ウズベク戦予想フォーメ.jpg

でもきっと、森保は槙野君を使うだろうw
遠藤を休ませて柴崎を使うかも。

このフォーメーション。
武藤にきっちりボールが収まれば、面白い。
んがしかし、
たぶん乾、伊東のサイド攻撃が主流になるんだろうなぁ。

ま、面白けりゃなんでもw^^
ですが、猫毬妄想では、、、
現在の代表のコミュは上手くいってない気がしています。
そらーそよね。長谷部がいない。
吉田は自分の不調で手いっぱいだろう。
森保は基本放任主義。
メンタルヘルスは各自行うしかない。

この2試合で交代枠は連続で残している。
控えは不満もあるだろう。
と、いうよりか、若手とロシア主力組のコミュが
上手くいってない気がします。
今は表面化していないだけって、、あくまでも妄想ですがw
長友と堂安、遠藤と南野なんかは練習中もよく話している。
んが、柴崎、吉田、権田なんかは孤立している感が強い。
控えの槙野も空気読めない感じが出ている気がします。

そこも含めて3戦目で
控え中心メンバーの鬱憤をウズベキスタンへの攻撃という形で、
吹き飛ばしてほしいところです。


メルボルンでは錦織は初戦苦戦しながら拾いものの勝ちw
同じ山にジョコがいるので、、
先にジョコと当れそうな太郎に退治してもらおうwww
準々決勝で日本人対決なんて素敵じゃない?w

大坂選手はラッキーなブロック。
うまくすれば全豪優勝もあり得る組み合わせ^^
調子も上がってきたみたいだし、期待^^
(キれちゃだめよ?w)


@121
nice!(104)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ

アラブの王様が彼を見てたぽw [毬]

ふむ、アラブの王様は、
どうやら´彼’をお気に召されたようだw

このような話です。

Jリーグ優勝チーム
「川崎フロンターレ」所属の板倉滉選手(21)が、
イングランドのビッグクラブ
「マンチェスター・シティ」に移籍しました。

優勝した川崎が選手を放出する理由はありませんが、
川崎は優良クラブ。
いたずらに若い選手の飛躍を引き留めません♪

しかしこの移籍話には裏がありそうです^^;

板倉選手はA代表経験のない選手。
当然、イングランドでの労働許可証はありません。
そこで、彼が成長するまでMシティは、
オランダ、フローニンゲンへ板倉選手を
レンタル移籍に出します。
武者修行ですね^^

…フローニンゲンには若手売出し中の「彼」がいますw

堂安3.jpg

つまり、堂安を引き抜くための布石として
板倉が指名されたという話です。

板倉にとってはチャレンジ選択は望むところ。
彼はU-23の軸で、堂安ともプレー経験があります。
ちなみに板倉は有能な選手ですが、
川崎の分厚いディフェンダー陣のレギュラー枠が
獲れずに、昨年はベガルタ仙台へレンタル移籍していました。
この海外挑戦は彼の財産になるはず。

マンチェスターシティは、
堂安がフローニンゲンへ加入する際、
堂安の共同保有を申し出たほど欲しがった経緯もあり、
今回はフローニンゲンサイドへ人的補償で
先手を打ったカタチ。
そして、、
Mシティのオーナーは実は、、UAEの王様w
先日の堂安のゴールがお気に召したのかな?(笑)

堂安にしてみれば、ビッグクラブへは行きたいが、
イングランドの労働許可証は、堂安も条件に足りておらず、
おそらくはMシティが特例で協会に認めさせる方針か、
特例パネル(協会が独自に定めたポイント)
で自力で契約できるか、、
ちなみに、この布石も含めて、
堂安が昨年ようやく契約したマネジメント会社
(イレブンマネジメント)
が動いている可能性も高いかも。。。

まぁ契約の目途が立ってないなら、
Mシティもここまで動くまい^^;
アジアカップ終了後、もしくは、
オランダリーグが5月に終了すれば、、そこから急に、
話は具体化する可能性はありそうです^^

今年の夏はイングランドプレミアリーグの
堂安が見れるかもです^^
┣¨キ┣¨キ(*´ェ`*)┣¨キ┣¨キ


余談::::プレミア詳しい方へ…
堂安、、、シティはいいけど、、
スターリングとポジション争いするのか?w
まじか?まじなのか?www

※ラヒーム・スターリング(24)
マンチェスター・シティ所属
イングランド代表、右MF。

@121
nice!(110)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

アジアサッカーの区分けとドロジアイ [毬]

アジアカップがUAEで開催中です。
昨年の夏にはアジア大会が
インドネシアで開催されました。

ふみゅ?アジアってざっくりどこだろう?
って思ったことありませんかw

白のパンダ.jpg
ぺんたぶw

何についての区分けかでも違ってきますが、
サッカーではざっくりこう区分けしています。

東アジア
中国、韓国、北朝鮮、日本、台湾、モンゴル。

東南アジア
フィリピン、インドネシア、シンガポール、
マレーシア、タイ、ベトナム、カンボジア、
ラオス、ミャンマー、ブルネイ、東ティモール。

南アジア
インド、スリランカ、パキスタン、
バングラディシュ、ネパール、ブータン、
モルディブ、アフガニスタン。

中央アジア
ウズベキスタン、カザフスタン、
タジキスタン、トルクメニスタン、
キルギス

西アジア
サウジアラビア、イラン、イラク、UAE、カタール、
オマーン、バーレーン、クウェート、
イスラエル、シリア、レバノン、
ヨルダン、パレスチナ。

※ざっくりです。トルコとキプロスは、
いらんイザコザを避けるためヨーロッパ区分です。

西アジアは「中東」と呼ばれたり、
「湾岸地区」「中近東」と呼ばれたりします。

南アジアと中央アジアの境目は曖昧です。

イランはあえて西アジアに区分してあります。
区分け的には南アジアになります^^


さてさてアジアンサッカーは、その区分で、
発達が違います。サッカーの種類が違うんですねぇ^^
(アジア広いからw)

東アジアはテクニック主流。
日本や韓国など、俊敏性を生かしたサッカー。

南アジアは、、ごめwサッカーが発達してないです^^;

東南アジアは、
東アジアの影響を受け、現在、進化中です♪
体格も東アジア人に近いため、スタイルも近く、
日本などより、俊敏性より技術力重視のようです。
(セパタクローとかあるしねw)

中央アジア、、
アジア圏では体格に優れている割に、
パワープレイ主体ではなく、
プレスカウンター型が多いです。
前線からプレッシャーをかけてボールを奪ったら
前線へ蹴りだすとともに、中盤以降が全員前へ進出します。
しかし、プレスで陣形が崩れる上に、スタミナを削られ、
カウンターのスピードが早すぎて、
後衛がディフェンスラインを中途半端にあげるので、
守備時に裏がとられやすく、守備陣にファウルが嵩みます。

西アジア(中東)
プレスカウンター主体ですが、
中央アジアのソレとは違い、
ドン引きが多いです。おそらく中東の気候から、
無駄なスタミナを消費しないためのサッカーが発展したですw


中東や中央アジアの国は、サッカーの開明期に
地理的にヨーロッパの国々との対戦が多く。
どうやったら勝てるのか?と考えた挙句。
この戦法を選んだって背景もあります。

プレスカウンターやドン引きカウンターは、
技術力、俊敏性、これらの差異を
限りなく〝0〟に近づけます。

ボールを取ったら  ドーーーーン♪
運が良ければ点が入る。
楽だし覚えやすいし、たまに点が入りますww

相手が攻めあぐねて、まごまごしてれば時間は過ぎます。
中東国からしてみれば強豪相手に引き分けでも儲けもの^^、。
大抵の国は中東をなめてくれるし、
けっこうカウンターも入ります^^;

シンプルで辛辣な作戦ですねぇ^^それだけに効果的♪w


コレに対抗するにはどうすれば良いのか、、

1、相手に付き合って同じことをする。
(現に中東同士の対戦ではそうなりますw)

2、相手にしない。
(それ相応の実力が必要です。)

今回、日本は初戦トルクメニスタン戦で、2を選択。
そしてピンチを招きましたw
実力不足ってことです。

んがしかし、1に付き合うと、いわゆる
「「ドロジアイ」」w

どろ仕合.jpg

どっちに転ぶかわかりませんし、
そもそも森保はそんなメンバーを招集していないw

なので、2を選択しつつ、実力差を埋めるべく、
走り続けるしかない。

日本代表が走り回らねばならない理由がここにあります。

極簡略化していってしまえば、
そんなん関係なく自分たちのサッカーすれば勝てる。
…と言える程まで強くはないのです。
ビェ──・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!

はてさて今後の試合をどうするか…^^


アジアカップ次戦
グループリーグ最終戦、
vsウズベキスタン
 17日(木) ko17:30(日本時間22:30)


**1位抜けと2位抜けの違い。。

勝てばグループF1位通過。
………ですが、、ドロー表を見てみると、、
1位抜けだと、対戦相手は、
強豪カタールかサウジアラビアが濃厚。

しかしながら、不調のオーストラリアが2位になっちゃう
可能性が出てきましたのでw

そうなると、2位抜けだと、
オーストラリアとの対戦もありえる。

しかし2位で抜けた場合、移動距離が少ないww
準々決勝までの3試合を同じ会場で戦えます。
ちなみに、その会場はアルアインのホームスタジアム。
今回追加招集で呼ばれた「塩谷」選手の所属クラブです♪

なので、3戦目は主力を休ませるためにも、
控えメンバーで戦うって選択もあります。

いずれにせよ、残り試合はFIFAランキングを考えても、
負けるわけにもいきませんが、
うまく手抜きしないとw一番上には行けないかも^^;

日本代表が何を選択するか見ものですねぇ♪

@121
nice!(125)  コメント(14) 
共通テーマ:スポーツ

アジアカップ 日本代表グループリーグ突破!! [毬]

アジアカップ 日本代表グループリーグ突破!!

アジアカップ2019UAE

日本代表が2連勝でグループリーグ突破♪です^^

( ´∀`ノノ☆パチパチパチパチ

第2戦 オマーン戦  日本 1-0 オマーン

スマートではない試合をよく頑張りました^^

まずはおめでとー♪

決して万全ではなかったオマーン代表もよく戦っていました。
今後のオマーン代表のサッカーの発展を祈ります。

さて、、評価点は30点^^;
勝ったとはいえ、激しいチャージで削られ、
南野と堂安に1枚ずつイエロー、、
あれ?酒井も1枚もらってた気がしたけど、、
気のせいか、、
この先、カードの累積は致命傷になります。

FWの存在感の薄さ、柴崎の冴えない感じ、
吉田とGKの連携の無さ、酒井の不調、
攻撃オプションの少なさ、、
数え上げればキリがないですな^^;なはは

大迫の代役FWに関しては、
猫毬予想を裏切ってw先発起用は北川選手^^;
よく走っていましたが、個人評価は2点です( ゚∀゚; )

相手ディフェンスへの非効果的なプレスは、
その意気は買いますw
が、相手に体さえぶつけさせてもらえない、
それが何を意味しているか、
自身が一番痛感していることでしょう。
なので、彼は責められない…です。
今後の成長を祈ります^^;
武藤よりはましでしたww

チーム勝因はズバリ。偶然w
うそうそwんでも、
どっちが勝ってもおかしくはなかったです。

この試合のキーポイントは、
「「ハードワーク」」
でした。試合後の森保監督も言っていたように、
戦前から予想された走りっこ勝負で、
最後まで気持ちが切れなかったことは、
大きい勝因の一つです。

オマーンは中東のチームの味をコテコテで出すチーム。
相手への荒っぽいチャージはもう既に個性と言っていいw

それを試合前から選手たちが想定して耐えたのは偉い。
特にこの人。。

日本の肺活量.jpg

**日本の肺**こと原口元気^^

あのハードワーク…
おそらく次戦は使えまいww

ということは、次戦いよいよ乾かw

鎌田大地、、呼んでおきたかったなぁww

試合終了時間の関係でup遅れゴメソ^^;


@121

そういえば。。
メルボルンってどうなってるんかなーw
nice!(114)  コメント(12) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -